› いつか、どこかの山で会いましょう › 奥穂高・北穂高(テント泊) › 涸沢・奥穂高岳・北穂高岳・2泊3日テント泊・1日目

2013年10月07日

涸沢・奥穂高岳・北穂高岳・2泊3日テント泊・1日目

■涸沢・奥穂高岳・北穂高岳 
2泊3日テント泊(1日目)



【 日程 】
・2013年09月21日~23日
・2泊3日 テント泊


1日目:上高地~涸沢
2日目:涸沢~奥穂高岳(3,190m)
3日目:涸沢~北穂高岳(3,100m)~上高地


【 天気 】
21日:晴れ
22日:晴れ
23日:晴れ


【 1日目 】

7:20
あかんだな駐車場からバスで上高地へ出発。
北アルプス涸沢テント泊


▼おやっ? バスの前に何かいますよ。
北アルプス涸沢テント泊


▼サルが何か食べてました。
北アルプス涸沢テント泊

バスが来ても逃げる気配無し。


8:00
上高地バスターミナルに到着。
北アルプス涸沢テント泊


▼河童橋からスタート。
北アルプス涸沢テント泊

ご馳走沢山詰め込んで、ザックはパンパンです。


▼横尾までは平坦な道が続きます。
北アルプス涸沢テント泊

天気が良くて気持ち良い。


▼梓川がとてもキレイ。
北アルプス涸沢テント泊


▼約1時間で明神館に到着。

北アルプス涸沢テント泊

ちょっと休憩。


▼明神岳がカッコ良い。
北アルプス涸沢テント泊


▼っと、またサルがっ!
北アルプス涸沢テント泊


▼出発から約2時間、徳澤に到着。
北アルプス涸沢テント泊

ここでキャンプしたら気持ち良いだろうなぁ。


▼まだまだ平坦な道は続きます。
北アルプス涸沢テント泊

横尾までは観光客と登山者が混在しています。


11:00
横尾に到着。
北アルプス涸沢テント泊

連休初日とあって混んでいます。


▼ここで、槍ヶ岳へ行く人と涸沢へ向かう人に分かれます。
北アルプス涸沢テント泊


▼横尾大橋を渡って徐々に登っていきます。
北アルプス涸沢テント泊
ここから先は登山の装備が必要です。


▼屏風岩を見ながら進みます。
北アルプス涸沢テント泊


12:00
本谷橋に到着。
北アルプス涸沢テント泊

多くの方が休憩されていました。

ここの沢の水は飲めません。

飲むなら煮沸して自己責任で。


▼先はまだ長い…。
北アルプス涸沢テント泊


▼なかなか高いです。
北アルプス涸沢テント泊


▼足元はこんな感じ。
北アルプス涸沢テント泊


▼徐々に標高を上げていきます。
北アルプス涸沢テント泊


▼地味にツラい道を登っていくと…。
北アルプス涸沢テント泊


▼もうちょっとだっ!
北アルプス涸沢テント泊


14:45
ようやく涸沢ヒュッテに到着。
北アルプス涸沢テント泊

もう、クタクタ…。


▼さて、どこにテントを張ろうかしら。
北アルプス涸沢テント泊


▼テント場は大人1人700円。
北アルプス涸沢テント泊

テントの下にひくコンパネも1枚500円で借りられるようです。

貸テントは4~5人用¥6,000、6人用¥8,000

貸シュラフは(3シーズン用/1人1泊)¥2,000



▼我が家の前に涸沢のカールが。
北アルプス涸沢テント泊


お腹空いた。

さて食事の準備をしよう。


▼今回のメインはステーキ。
北アルプス涸沢テント泊


▼ジュージュー焼いて。
北アルプス涸沢テント泊

良い香りがテント場に漂います。


▼いただきまーす。
北アルプス涸沢テント泊

うまいっ!


▼次は豚バラ肉を焼いて。
北アルプス涸沢テント泊


▼豚バラキムチ丼。
北アルプス涸沢テント泊

美味いっ!


▼最後は目玉焼き乗せ焼きそば。
北アルプス涸沢テント泊

黄身を崩して麺に絡めると。

ぁ、幸せ。

もぅ、お腹いっぱい。

どうしてテント場でご飯を食べるとこんなに美味いんだろう。


いつの間にか日も暮れて。


▼夜のテント場は幻想的でホントにキレイです。
北アルプス涸沢テント泊



1日目終了。

明日は奥穂高岳に登ります。>>>






同じカテゴリー(奥穂高・北穂高(テント泊))の記事画像
涸沢・奥穂高岳・北穂高岳・2泊3日テント泊・3日目
涸沢・奥穂高岳・北穂高岳・2泊3日テント泊・2日目
同じカテゴリー(奥穂高・北穂高(テント泊))の記事
 涸沢・奥穂高岳・北穂高岳・2泊3日テント泊・3日目 (2013-10-09 20:00)
 涸沢・奥穂高岳・北穂高岳・2泊3日テント泊・2日目 (2013-10-08 20:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。