› いつか、どこかの山で会いましょう › 焼岳(日帰り) › 焼岳(2,455m)日本百名山・日帰り

2013年10月28日

焼岳(2,455m)日本百名山・日帰り

■焼岳(2,455m)日本百名山・日帰り


【 日程 】
・2013年10月06日
・日帰り
・新中の湯ルート


【 天気 】
晴れ

6:30 駐車場

北アルプス焼岳日帰り

駐車場は登山口近くの第10カーブ付近の路肩スペース。

無料ですが駐車可能台数は約20台と狭いため、路上駐車が多くなります。


▼さあ出発!
北アルプス焼岳日帰り


▼快晴の登山日和
北アルプス焼岳日帰り


▼序盤は樹林帯を歩きます。
北アルプス焼岳日帰り

ん~、気持ち良いっ!


▼朽ち果てた車が。
北アルプス焼岳日帰り


▼急登が続きます。
北アルプス焼岳日帰り

急登と平らな所の繰り返しで、メリハリがあります。


▼振り返ると雲海が。
北アルプス焼岳日帰り


▼標高を上げていくと徐々に木々が色付いてきます。
北アルプス焼岳日帰り


▼焼岳が見え出すと…。
北アルプス焼岳日帰り


▼目の前に一気に広がるこの景色。
北アルプス焼岳日帰り


▼赤と黄色のトンネル。
北アルプス焼岳日帰り


▼おぉっ!
北アルプス焼岳日帰り


▼わぁっ!
北アルプス焼岳日帰り


▼まぁっ!
北アルプス焼岳日帰り


▼紅葉と雲海。
北アルプス焼岳日帰り


▼この赤色ったら!
北アルプス焼岳日帰り


▼青空に黄色が映えます。
北アルプス焼岳日帰り


▼写真撮りまくりでなかなか先へ進まない…。
北アルプス焼岳日帰り


▼西穂と紅葉。
北アルプス焼岳日帰り


▼だいぶ登ってきました。
北アルプス焼岳日帰り


▼森林限界を超えると一転して岩場に。
北アルプス焼岳日帰り


▼いたる所で噴煙が上がってます。
北アルプス焼岳日帰り

焼岳は活火山です。


▼鞍部に到着。
北アルプス焼岳日帰り

神秘的な色の火口湖と南峰。

山の表情がさっきまでと大違いで異次元の世界に入り込んだかのよう。

南峰は立ち入り禁止です。


▼頂上まであと少し。
北アルプス焼岳日帰り


▼シューシュー音を立てて猛毒ガスを吐き出してます。
北アルプス焼岳日帰り

地球が呼吸している。


▼蒸気で岩の色が黄色く変色してます。
北アルプス焼岳日帰り

辺りには悪臭が漂っています。


▼落ちてた石を拾ってみた。
北アルプス焼岳日帰り


9:30 焼岳(2,455m)に登頂
北アルプス焼岳日帰り


▼山頂からの眺め。
北アルプス焼岳日帰り

穂高~槍ヶ岳方面。


▼笠ケ岳、黒部五郎、雲ノ平などなど。
北アルプス焼岳日帰り


▼上高地を見下ろす。
北アルプス焼岳日帰り

いつもバスターミナルから見上げている山の頂にいる訳です。

何とも不思議な感覚だ。


▼山頂の岩でカッコつけてみました。
北アルプス焼岳日帰り

周りの皆さんがカッコ良いと褒めてくれました。


▼怖いので写真を撮ったらサッサと降ります。
北アルプス焼岳日帰り

向こう側はスッパリ切れ落ちていて、落ちたら死にます。


さて、食事にしますかね。


▼日帰りなので食事は簡単に。


チャンポンめんに玉子を入れたラーメンが世界一美味いと思ってます。


▼西穂を見ながら。
北アルプス焼岳日帰り

うまいっ!


▼食後のおやつ。


「うまい棒」が粉々に砕けて、もはや「うまい粉」に。


北アルプスの展望と紅葉に心を満たされ、ラーメンでお腹が満たされたので下山します。

中の湯まで来た道を帰ります。

13:00 登山口に到着。


【メモ】
道は良く整備されているので、危険個所は特にありません。

森林限界より上の岩場は落石に注意。

火山ガスの噴出口は目の前まで近づく事ができるものもあるが、高温で有毒。

近づかないのが無難です。

高熱の岩で靴を溶かす事の無いよう、ロープが張ってある所から奥へは行かなければ大丈夫。

南峰、火口湖へは入れません。



【温泉】
下山後はひらゆの森へ。

入浴料:500円
コインロッカー:100円







※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。