› いつか、どこかの山で会いましょう › 小説 › 黒部の山賊 アルプスの怪:伊藤正一

2013年12月18日

黒部の山賊 アルプスの怪:伊藤正一

雲ノ平へテント泊に行った際、雲ノ平山荘で買った本。


「黒部の山賊 アルプスの怪」 伊藤正一
黒部の山賊 アルプスの怪

雲ノ平山荘、水晶小屋、三俣山荘では1冊、1,200で円買えます。

お土産にも良いかも。


▼カバーのすっ呆けたイラストとは裏腹に、なかなか興味深い内容です。
黒部の山賊 アルプスの怪

昭和22年、新聞紙上をにぎわした「黒部の山賊事件」を中心にまとめられてます。

謎の白骨死体の話など怖い話が次々出てきて一気に読めます。


▼山賊の写真も。
黒部の山賊 アルプスの怪

黒部源流に半生を過ごした作者の生活記録の一端も紹介されています。


山中では「オーイ」と呼ばれて「オーイ」と返事するとそのまま行方不明になってしまうらしい。

「じゃあ何と答えれば?」の答えは本の中に。


現地まで行けない方はネットでも買えるようです。

黒部の山賊 アルプスの怪
「黒部の山賊 アルプスの怪」
伊藤正一







同じカテゴリー(小説)の記事画像
神々の山嶺(かみがみのいただき):夢枕獏
八甲田山 死の彷徨:新田次郎
劒岳 点の記:新田次郎
同じカテゴリー(小説)の記事
 神々の山嶺(かみがみのいただき):夢枕獏 (2016-04-04 22:06)
 八甲田山 死の彷徨:新田次郎 (2013-12-21 08:00)
 劒岳 点の記:新田次郎 (2013-12-20 08:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。