› いつか、どこかの山で会いましょう › 阿曽原温泉(テント泊) › 阿曽原温泉・欅平ピストン・1泊2日テント泊

2014年09月20日

阿曽原温泉・欅平ピストン・1泊2日テント泊

■阿曽原温泉・欅平ピストン・1泊2日テント泊


【 日程 】
・2014年09月13日~14日
・1泊2日 テント泊


1日目:黒部峡谷鉄道「宇奈月駅」~「欅平駅」水平歩道で阿曽原温泉へ
2日目:阿曽原温泉から欅平~宇奈月温泉


【 天気 】
13日:晴れのち曇り
14日:晴れ


【1日目】
山が1年で1番混むと思われる、秋の3連休。

静かな山へ行きたくて、選んだのは阿曽原温泉。

紅葉シーズンを外せば、それ程人もいないんじゃないかと。

ピークを踏まない山の旅へ、テントを担いで行ってきました。



▼まずは宇奈月からトロッコに乗って欅平まで。片道1,710円。
阿曽原温泉テント泊
トイレを済ませ、始発に乗って出発します。

時刻表はこちらで確認


▼1番安い窓無し車両に乗ったら寒かった…。
阿曽原温泉テント泊
ダウンを着て、手袋しました。

欅平までトロッコで約80分。

すっかり体が冷えてしまいました…。

▼欅平に到着。
阿曽原温泉テント泊
建物の横から登ります。


▼観光客をしり目に、準備を整えて山へ出発。
阿曽原温泉テント泊


▼いきなりの急登。
阿曽原温泉テント泊
約300mを一気に登ります。


▼階段も何カ所かありました。
阿曽原温泉テント泊


▼だいぶ標高を稼いだ。
阿曽原温泉テント泊


▼登り始める事、約1時間
阿曽原温泉テント泊
いよいよ水平歩道の始まり。

ここから阿曽原まで約10㎞。

先は長い…。


▼旅の安全をお願いしました。
阿曽原温泉テント泊


▼さあ、慎重に行きましょう。
阿曽原温泉テント泊


▼頭をぶつけないように注意しながら。
阿曽原温泉テント泊
この後ずっとヘルメットをかぶって歩きました。


▼トンネルも何カ所かありました。
阿曽原温泉テント泊
蜆谷の短いトンネル。


▼ワイヤーにつかまりながら歩けば大丈夫。
阿曽原温泉テント泊


▼振り返って見る。
阿曽原温泉テント泊
凄い所を歩いてます。


▼はるか下に黒部川。
阿曽原温泉テント泊


▼ちょっと色づき始めた木々。
阿曽原温泉テント泊
その向こうに見える水平歩道。


▼どこまでも続く水平歩道。
阿曽原温泉テント泊


▼志合谷に到着。
阿曽原温泉テント泊
残雪がたくさん。


▼裏側にあるトンネルを通って行きます。
阿曽原温泉テント泊
このトンネルは約150mあります。

天井も低いので、注意して歩きましょう。

ヘッデンは必携です。


▼中は真っ暗で足元はグチャグチャ。
阿曽原温泉テント泊
探検してるみたいで楽しい。


▼しばらく進むと大太鼓の展望スポットが。
阿曽原温泉テント泊
まだ半分も来て無い事に愕然…。


▼圧倒的な迫力の大太鼓。
阿曽原温泉テント泊


▼慣れてくると恐怖心も薄くなってくる。
阿曽原温泉テント泊
押すなよっ!

絶対に押すなよっ!


▼足元はこんな感じ。
阿曽原温泉テント泊


▼危険な事に変わりはありません。
阿曽原温泉テント泊
気を引き締めて歩きましょう。


▼折尾ノ滝に到着。
阿曽原温泉テント泊


▼キンキンに冷えた滝の水で水分補給。
阿曽原温泉テント泊


▼阿曽原温泉小屋が見えてきました。
阿曽原温泉テント泊
水平歩道が終わったらグングン下って行きます。


▼長いハシゴもあります。
阿曽原温泉テント泊


▼橋を渡ったら…。
阿曽原温泉テント泊


▼阿曽原温泉のキャンプ場に到着。
阿曽原温泉テント泊


▼まずは小屋で受け付け。
阿曽原温泉テント泊
こじんまりした、趣のある小屋です。

テント白は1人1泊700円。

入浴料は500円。


▼お風呂は時間制。
阿曽原温泉テント泊
20時以降は混浴になります。


▼テントを張ったらお風呂へゴー。
阿曽原温泉テント泊
お風呂はテント場の下にあります。


▼なかなかの悪路を約5分歩く事になります。
阿曽原温泉テント泊


▼やっと着いたぜ、阿曽原温泉。
阿曽原温泉テント泊
囲い無し。

洗い場無し。

脱衣所無し。


▼極楽、極楽。
阿曽原温泉テント泊
疲れが吹き飛ぶ。

熱いお湯と冷たい水をホースで引き込んでいるので、ちょうど良い湯加減の所でポジションを取りましょう。

山と静寂に囲まれて、最高のロケーション。

やさしいお湯でずっと入ってられそうでした。


風呂からあがったら、小屋でビールを買って食事にしましょう。


▼まずは焼肉で乾杯っ!
阿曽原温泉テント泊
湯上りにビールと肉。

このロケーション。

もう最高だっ!


▼次は最近のお気に入り、ホルモン炒め。
阿曽原温泉テント泊
ビールが止まらないっ!


▼続いて豚肉ともやし炒め。
阿曽原温泉テント泊

このあと鍋を食ったが写真を撮り忘れた…。


食後にもう1回風呂に入ろうと思っていたが、雨が降ってきたのでおとなしく寝る事にする。

20時就寝。

お休みなさいzzz。


【2日目】

▼夜に降った雨もあがり、快晴の朝。
阿曽原温泉テント泊
テントは結露と朝露でビチャビチャ。


▼テントを乾かしている間に風呂に入る。
阿曽原温泉テント泊
テント場でのこののんびりした時間が良い。


▼昨夜の鍋の残りを使ったラーメン。
阿曽原温泉テント泊
しっかりエネルギーを補給して出発。


▼再び欅平へ向けて出発。
阿曽原温泉テント泊
紅葉シーズンはいっぱいになるというテント場も、今回は約10張と静かでした。

山小屋のオジサンが「紅葉を見に来い」と言うので、いつか紅葉を見に来たいなぁ。


【メモ】
水平歩道は幅1m弱、川からの高さ約400メートルにつけられた道です。

絶対安全と言う事は無いでしょうが、気をつけて緊張感を持って歩けば大丈夫です。

危険個所にはワイヤーが付いてます。

とっさの時にワイヤーをつかめるように、ストックは使わない方が良い気がします。

使うなら谷側の手で1本が良いかもしれません。

僕は今回使いませんでした。

雨で道が濡れていると滑りやすく危険だと思います。

行くなら晴れた日が良いと思います。


途中トンネルがあるのでヘッデンは必携です。

トンネル内は真っ暗で足元が悪いので注意が必要です。

靴がドロドロになります。

真っ暗なトンネルは1人だとちょっと気味が悪いかも。


ルート上にトイレはありません。

水平歩道上は身を隠して用を足す事も難しいので、欅平で済ませておきましょう。


本によってはコースタイムが4時間のものもありましたが、ちょっと無理ではないかと思います。

僕は約6時間(休憩含む)かかっています。

帰りに昼過ぎに欅平から入ってくる登山者がいました。

阿曽原に着く頃には真っ暗でしょう。

暗くなると水平歩道は危険だと思います。

水平移動が主なので、行きも帰りもそれ程変わりませんでした。

帰りのトロッコの時間を確認しておきましょう。



【温泉】
下山後はふれあい温泉へ。

入浴料:470円
コインロッカー:無料


【データ】
●トロッコ
宇奈月~欅平 往復3,420円

●テント代
1日大人700円×1日=700円
入浴料:500円

黒部峡谷鉄道に関する最新の情報はこちらで確認して下さい。

阿曽原温泉小屋に関する最新の情報はこちらで確認して下さい。








※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。