› いつか、どこかの山で会いましょう › 燕岳・大天井岳(テント泊) › 燕岳(2,763m)・大天井岳(2,922m)1泊2日テント泊・1日目

2014年12月02日

燕岳(2,763m)・大天井岳(2,922m)1泊2日テント泊・1日目

■燕岳(2,763m)・大天井岳(2,922m)
1泊2日テント泊・1日目



【 日程 】
・2014年10月11日~12日
・1泊2日 テント泊


1日目:中房温泉~燕山荘~大天井岳~燕岳キャンプ場。
2日目:燕岳~中房温泉。


【 天気 】
11日:晴れ
12日:晴れ


山ガールの憧れ燕岳へ。

燕岳へ行くなら燕山荘に泊まろうかとも思いましたが、テント泊の安さの魅力に勝てず結局テント泊をする事に。

登山口まで約4時間の車の運転がツラかった…。


【1日目】

第2無料駐車場に車を停め、5分ほど歩くと登山口へ。

5:30 燕山荘へ向けて出発
燕岳テント泊

登山口にはキレイなトイレ、日帰り温泉、水場などがあります。

立派な登山口を見ただけでも人気の山と分かります。


▼のっけから急登が続く
燕岳テント泊

北アルプス3大急登の1つだけあって、序盤から急登が続きます。


▼良く整備されているので登りやすいです
燕岳テント泊

多くの人が登っているので、所々渋滞します…。


▼30分程で第1ベンチに到着
燕岳テント泊

ここが登山道上の最後の水場です。


▼荷揚げ用の貨車
燕岳テント泊

夏はこれで名物のスイカが荷揚げされているのでしょう。


▼第2ベンチに到着
燕岳テント泊

第1ベンチから約30分。


▼紅葉を見ながらグングン標高を稼ぐ
燕岳テント泊



▼第3ベンチに到着
燕岳テント泊

第2ベンチから約20分。


▼雲海が広がる
燕岳テント泊



▼富士見ベンチに到着
燕岳テント泊

第3ベンチから約20分。


▼薄らぼんやり富士山が見えました。
燕岳テント泊


▼合戦小屋まであと少しっ!
燕岳テント泊


▼富士見ベンチから約20分で合戦小屋に到着
燕岳テント泊

多くの登山者で賑わってました。


▼鬼がお出迎え
燕岳テント泊


▼ちょっと休憩にしていきましょうかね
燕岳テント泊

行動食はいつものポテトチップスと合戦小屋で300円で買ったコーラ。

名物のスイカの販売は今シーズンはすでに終了していました。

トイレを使用させてもらいましたが、便座除菌クリーナーがあってビックリ。

30分程休憩し、体力が回復したところで出発。


▼大天井岳の向こうに槍の穂先が
燕岳テント泊


▼アップで
燕岳テント泊

北アルプスのシンボルを見つけると、いつだってテンションが上がる。


▼さぁ稜線に出ましたよ
燕岳テント泊

遠くに燕山荘を確認。

見えてからが遠い…。


▼最後の登り
燕岳テント泊

キツイ登りを抜けると…


▼一気に展望が開け、思わず表情がほころぶ。
燕岳テント泊


登り始めから約3時間半だったでしょうか。


▼山ガールの憧れの地、燕山荘に到着
燕岳テント泊

立派な建物です。

ここでテントの受付をします。


▼テントの受付でもらった手形
燕岳テント泊


▼ササっと設営
燕岳テント泊

トップシーズンにはすぐにいっぱいになる人気のテント場。

到着が早かったので場所は選び放題でした。


▼北アルプスの女王、燕岳
燕岳テント泊


▼山荘前の山男
燕岳テント泊

とぼけた面がカワイイ。


▼いやぁ~、良い景色。
燕岳テント泊


このままテントでビールを飲んで昼寝でもして過ごそうと思ったてたが、思ったより早く着いたし、体力的に物足りないし、天気良いし。

って事で、大天井岳まで散歩する事に。

散歩と行っても往復約5時間はかかる訳ですが。

テントと荷物をデポして出発っ!


▼目指せ大天井岳
燕岳テント泊


▼槍を見ながらの稜線歩き
燕岳テント泊

天気が良くて最高のお散歩です。



▼クークー鳴き声がするので声の方を見ると雷鳥が
燕岳テント泊

親子かな?


▼この辺りは花崗岩の天然のオブジェが多いです
燕岳テント泊

これは蛙岩。

どのあたりが蛙かはちょっと…。


▼槍がどんどん近づいてくる
燕岳テント泊

吹き抜ける風が気持ち良い。


▼燕山荘から約1時間で大下りに到着
燕岳テント泊

ここまではほぼ平坦な道でしたが、ここから一旦下ります。

という事は登り返しが待っているという事…。


▼大天井岳へ続く稜線
燕岳テント泊


▼下り終わって振り返って見る
燕岳テント泊

かなり標高を下げたような。

そしてここから登り返し…。


▼もうちょっとだ、頑張れ
燕岳テント泊


▼唯一のクサリ場を通過
燕岳テント泊

慎重に行けば特に難しい事は無いです。


▼クサリ場を抜けると、喜作新道を作った小林喜作のレリーフが
燕岳テント泊

喜作新道とは、大天井岳から西岳を経由して東鎌尾根を通り、槍ヶ岳へ抜ける道。

今度はこのコースで槍ヶ岳まで行ってみたい。


▼燕山荘から約3時間で大天井荘に到着
燕岳テント泊

大天井荘の脇から約10分で山頂へ。


大天井岳(2,922m)に登頂
燕岳テント泊

誰もいなくて静かな山頂を独り占め。

ここまで来て良かったぁ。


▼歩いてきた道
燕岳テント泊


▼水晶岳とか鷲羽岳などなど
燕岳テント泊

遠くには立山、眼下には高瀬ダムなどなど。


▼常念岳方面
燕岳テント泊

いつか縦走したいなぁ。


山頂で絶景を満喫したら、大天井荘でちょっと休憩する事に


▼新しくてキレイな大天井荘
燕岳テント泊

トイレが凄くキレイでビックリ。

全くニオイがしませんでした。

山荘の方もとっても親切で◎


▼大天井岳のテント場
燕岳テント泊

目の前に槍・穂がある好立地。

人も少なくて静かだしトイレ綺麗だし。

こっちまでテント担いで来れば良かったとかなり後悔。

次回はきっとここでテント泊すると心に誓い、燕岳のテント場まで来た道を戻ります。

帰りは左手に沈む夕日を見ながら。


▼槍のシルエットがカッコいい…。
燕岳テント泊


▼夕日に染まる燕岳
燕岳テント泊

息を飲むほどの美しさでした。


▼沈む夕日を眺める人達
燕岳テント泊


陽が沈むと一気に寒くなり、真っ暗に。

さてテントに戻って夕食にしましょうかね。

沢山歩いてお腹ペコペコ。


▼焼肉と生ビールで乾杯っ!
燕岳テント泊

この日は行動食ばかりだったので、ようやくちゃんとした食事。

ビールが胃に染み渡りました。


▼テント場に灯かりが点りカラフルに
燕岳テント泊


▼テント場から見る安曇野の夜景
燕岳テント泊

キラキラしてロマンティックな夜。


心地良い疲労感と、酒の酔いもあってあっと言う間に就寝zzz

明日は燕岳に登ってから下山です。


2日目はこちら>>>







同じカテゴリー(燕岳・大天井岳(テント泊))の記事画像
燕岳(2,763m)・大天井岳(2,922m)1泊2日テント泊・2日目
同じカテゴリー(燕岳・大天井岳(テント泊))の記事
 燕岳(2,763m)・大天井岳(2,922m)1泊2日テント泊・2日目 (2014-12-04 22:47)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。