› いつか、どこかの山で会いましょう › 針ノ木岳(日帰り) › 針ノ木岳(2,820m)・日帰り・扇沢ピストン

2015年08月23日

針ノ木岳(2,820m)・日帰り・扇沢ピストン

■針ノ木岳(2,820m)・日帰り・扇沢ピストン


【 日程 】
・2015年08月09日
・日帰り(扇沢~針ノ木岳~扇沢)


【 天気 】
晴れ


▼扇沢駅の無料駐車場からスタート
針ノ木岳・日帰り


▼近道を通って
針ノ木岳・日帰り

5分ほど歩くと…。


▼扇沢駅に到着
針ノ木岳・日帰り

駅の方には行かず、左手の登山道を目指します。


▼針ノ木岳の登山道入口
針ノ木岳・日帰り


▼北アルプス開拓の先駆者「百瀬慎太郎」の言葉
針ノ木岳・日帰り

「山を想えば人恋し、人を想えば山恋し」


▼しばらくはこんな感じ
針ノ木岳・日帰り

歩きやすい。


▼何度か工事車両用の道を横切ります
針ノ木岳・日帰り


▼気持ち良いトレイルが続きます
針ノ木岳・日帰り


▼渡渉もあります
針ノ木岳・日帰り

扇沢駅から約1時間程歩くと…。


▼大沢小屋に到着
針ノ木岳・日帰り

ここでちょっと休憩。


▼小屋の中の利用は無料です
針ノ木岳・日帰り


▼小屋の前には百瀬慎太郎のレリーフが
針ノ木岳・日帰り


▼ここから針ノ木峠まで約4㎞
針ノ木岳・日帰り

気合を入れ直して頑張りましょう。


▼左手に雪渓を見ながら
針ノ木岳・日帰り

大沢小屋から30分ほど登ると…。


▼雪渓歩きの始まり
針ノ木岳・日帰り

ここで軽アイゼンを装着。

北アルプス3大雪渓のひとつ、針ノ木雪渓を登ります。


▼結構傾斜があります
針ノ木岳・日帰り


▼振り返ると爺ヶ岳が
針ノ木岳・日帰り


▼道標の鯉のぼりも涼しげ
針ノ木岳・日帰り

雪渓を吹き降ろす冷たい風が気持ち良い。


▼グングン標高を稼いで行く
針ノ木岳・日帰り


▼約1時間の雪渓歩きの終了
針ノ木岳・日帰り


▼軽アイゼンを外して、レンゲ沢でちょっと休憩
針ノ木岳・日帰り


▼沢の水で喉を潤す
針ノ木岳・日帰り

凄く冷たくて美味しい。


▼ここからは急登の始まり
針ノ木岳・日帰り


▼つづら折りになった道を登ります
針ノ木岳・日帰り

日差しがきつくて暑い…。


▼キツイ…
針ノ木岳・日帰り


▼針ノ木峠の道標が見えたっ!
針ノ木岳・日帰り

あとちょっと。


▼針ノ木峠に到着
針ノ木岳・日帰り

扇沢から約4時間でした。


▼振り返るとこの景色
針ノ木岳・日帰り

鹿島槍や白馬岳が見えます。


▼針ノ木小屋でちょっと休憩
針ノ木岳・日帰り


▼小屋の前からはこの眺め
針ノ木岳・日帰り

槍穂がバッチリ。

この景色を見れただけでも十分な気もしますが…。


▼せっかくなので山頂を目指します
針ノ木岳・日帰り


▼山頂までは小屋から約1時間
針ノ木岳・日帰り


▼振り返って見下ろすと針ノ木小屋とテント場が
針ノ木岳・日帰り


▼チングルマの群生
針ノ木岳・日帰り


▼地味にキツイ…
針ノ木岳・日帰り

もう少し。


▼針ノ木岳に登頂っ!
針ノ木岳・日帰り


▼この景色が見たかった
針ノ木岳・日帰り

剱・立山、眼下には黒部ダム。


▼絶景を堪能中
針ノ木岳・日帰り


▼裏銀座の山々
針ノ木岳・日帰り

鷲羽岳、水晶岳などなど。

遠くに槍穂も。


▼歩いてきた道と蓮華岳
針ノ木岳・日帰り


絶景を堪能したら昼食にしましょうかね。


▼今回はパスタにしました
針ノ木岳・日帰り

酸味の効いたトマト味が疲れた身体に染み渡る…。

うまいっ!


▼だって目の前に剱岳ですもん
針ノ木岳・日帰り


お腹いっぱい。

360度の大パノラマを堪能したら、下山です。

良い天気の日に来れて良かったぁ。



【メモ】
道は良く整備されているので、危険個所は特にありません。

雪渓は白馬の大雪渓より幅は狭いですが、傾斜はこっちの方が急です。

白馬の大雪渓は落石の音が絶えずしている印象ですが、こちらはそれほどでも無い気がしました。

それでも雪渓上に落ちてきたと思われる石が多数あるので、注意は必要です。

軽アイゼンは必携です。

持ってない方は針ノ木小屋、大沢小屋で1セット500円でレンタルもできます。

苦労して登った後には360°の大パノラマが待っています。

深田久弥が百名山に入れなかったのを後悔したとか、しないとか。



【データ】
扇沢駅には12時間毎1,000円と24時間毎1,000円の有料駐車場と無料の駐車場があります。

●扇沢駅の最新情報はこちらで確認して下さい>>>


●針ノ木小屋・大沢小屋の最新情報はこちらで確認して下さい>>>



【温泉】
下山後は温泉へ。

大町には沢山温泉施設があるので、お好きな所へどうぞ>>>







※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。