› いつか、どこかの山で会いましょう › 小説 › 神々の山嶺(かみがみのいただき):夢枕獏

2016年04月04日

神々の山嶺(かみがみのいただき):夢枕獏

映画「エヴェレスト 神々の山嶺」を見たので、再度読み直してみました。


「神々の山嶺(かみがみのいただき)」 夢枕獏
神々の山嶺(かみがみのいただき)夢枕獏


上下巻2冊とボリュームはそこそこありますが、次の展開が気になり一気に読めます。

僕は読むのは2回目ですが、3日で読めました。

山好きはもちろん、そうで無くとも楽しめる作品です。

映画と小説どちらが良かったかと言えば、僕は断然小説でした。

阿部寛の演技は圧巻でしたが。

深町役は岡田准一ではちょっと男前過ぎかな?

とにかく面白いです。

本編だけで無く、作者の「あとがき」もぜひ。


神々の山嶺(かみがみのいただき)夢枕獏
「神々の山嶺(かみがみのいただき)・上」
夢枕獏



神々の山嶺(かみがみのいただき)夢枕獏
「神々の山嶺(かみがみのいただき)・下」
夢枕獏






同じカテゴリー(小説)の記事画像
八甲田山 死の彷徨:新田次郎
劒岳 点の記:新田次郎
黒部の山賊 アルプスの怪:伊藤正一
同じカテゴリー(小説)の記事
 八甲田山 死の彷徨:新田次郎 (2013-12-21 08:00)
 劒岳 点の記:新田次郎 (2013-12-20 08:00)
 黒部の山賊 アルプスの怪:伊藤正一 (2013-12-18 08:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。