› いつか、どこかの山で会いましょう › 小説 › 八甲田山 死の彷徨:新田次郎

2013年12月21日

八甲田山 死の彷徨:新田次郎

大学生の時、組織論だかリーダー論だかの授業で映画を見た。

当時は発狂しながら死んでいく演技が凄いなぁ、高倉健若いなぁ位しか感想を持ちませんでしたが。


「八甲田山 死の彷徨」 新田次郎
「八甲田山 死の彷徨」 新田次郎


本で読んでみると、冬山の壮絶さが映像よりも迫力を持って伝わります。

権威をはき違えたリーダー、無能な権力者の誤ったリーダーシップが引き起こす悲劇。

いつの時代も犠牲になるのは下の者。

ミスの責任を取らずにすむ者と、彼らを助けるために倒れていく者。

官僚的な人間のやる事なんて、時代や組織が変わってもそう変わらない。


山好きの方だけでなく、管理職の方にもおススメ。


とにかく面白いです。


「八甲田山 死の彷徨」 新田次郎
「八甲田山 死の彷徨」
新田次郎







同じカテゴリー(小説)の記事画像
神々の山嶺(かみがみのいただき):夢枕獏
劒岳 点の記:新田次郎
黒部の山賊 アルプスの怪:伊藤正一
同じカテゴリー(小説)の記事
 神々の山嶺(かみがみのいただき):夢枕獏 (2016-04-04 22:06)
 劒岳 点の記:新田次郎 (2013-12-20 08:00)
 黒部の山賊 アルプスの怪:伊藤正一 (2013-12-18 08:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。